とりあえず釣りって事で。。

それって楽しいの・・・って聞かれますが 別に  単独ですから。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

遠すぎた渓 その1-2


久しぶり

暇なので長文になってしまった。

最近と言うかここ何年か、よく思う。
時間がたつのが早くなった、加速度的に時間が過ぎていく。

ジャネーの法則に当てはまるかのように
仕事もめ新しいことが珍しくなくなり毎日毎日上書きの連続、
毎日が上書きだから新鮮味も魅力もなくなった日々の生活。

いやいや、俺には釣りがあると思って振り返ってみた、

フライ始めて25年くらい
最初は釣れても釣れなくても毎回毎回が発見と驚きで満ち溢れていた、
そして、フライを自分で巻くようになりある程度思うようにキャストできて釣れるようになると
それこそ加速度的にのめり込んでいった、遠くに行けばいくほど釣れると勘違いして
毎週末になると金曜の夜から家族を見捨ててそれなりの源流域に通いこんだ。

しかしどうだろう、ここ何年かはそれも落ち着き、
と言うか、ある程度のところは行きつくしてしまい、
ココ何年かは同じような釣りをしてきたと思う。

そう、大好きだった釣りも最近ではルーティングワークのように
毎週末毎週末同じことを繰り返しているのかも?

さて、前書きが長くなった

繰り返し頻度が多くなってきた釣だが、そんななかでもどうしても忘れられない
2年前の釣行があった、

しかし、その行程はあまりにも遠く、道は想像以上に荒れ果てて、
最初はマウンテンバイクで臨んだが途中で乗れなくなりデポして徒歩で進むも崩壊の連続
そして、時間空しく目的の釣り場まですらたどり着けなかった、

これは2年前と今年の釣行記、2年前を先に書こうと思う。
(スマホで何枚かしか撮らなかったから写真が少ない)

IMG_2737.jpg

2014/9月のシルバーウイークの前の週
3日あれば十分奥まで行って楽しめる行程だった。
南アルプスの奥の方、

初日、暗い時間に車止めになるゲートに4時ころ到着したと思う。

先行の車はいない。
この時 アホな俺はこう思っただろう、「しめしめ、この先の沢はすべて俺の物だ」と

この後、味わうであろう苦行をこの時の俺はまだ知らない。


IMG_2731.jpg

グニャグニャ曲がりながら奥に続きその道は目的の登山口まで平らなまま続いているとアホな俺は思っていた。

20kmとも30kmとも思われたその道は沢をまたぐたびに数キロ支流側に大きく迂回して回り込むため

そんなのが何本もある為正確な距離数が読めない。

そんなこんなで直線距離の1/4くらい言ったところで↓とうとうチャリでは不可能なエリアにたどり着いた。

今だから不可能なエリアだと解るから不可能なエリアと言っているが
アホな俺は崩壊はここだけだろうと、ココを超えれば最奥までチャリに乗っていけると思い込んでいた。
この写真も崩落地点の手前で記念撮影しているわけではない。
超えたところから自慢げに振り返って撮っていたと思う。

IMG_2732.jpg


↓崩落のイメージ写真↓こんな感じなのでホイホイとは進めない。
上から落石の危険と足を滑らせたら数百メートルまっさかさま。


oo (17)

そして徒歩に切り替えてもホイホイとは進めずに時間は15時を廻り湧水の綺麗な場所を超えたところで

とうとう 「登山口まで15km」 という絶望的な朽ち果てた看板を見つけてしまい心折れた。


IMG_2734.jpg

とは言え釣をしないで帰ることも出来ないので目的地を手前のソコソコ大きな沢に切り替えることに、
次の日、上を目指そうとも思ったが残りの日程を考えると、もう上を目指す時間は残っていない。
当然だ、行くのに2日かかるのなら帰りも2日かかる。


IMG_2735.jpg

体高のある大きなアマゴがたくさん釣れた。

そりゃそうだろう、
こんなところに来るやつはいないと。。

IMG_2733.jpg

しかし、ここも昭和の初めころには(適当に想像しているが)車が往来していたんだなと思えるような
所々に廃墟があったりするわけである。

IMG_2736.jpg

そんなこんなで、

IMG_2737_2016123113114761d.jpg

帰路につく。。。

もやもやしながら。。。

ココはこの先(登山口)は無理だと思いながら。。。

oo (16)

この先の、更に先なのかも分からない、
途方もなく奥が深くたどり着けない渓に思いをはせながら、

いや、この時ははっきりこう思ったに違いない 「二度と来ないぞ」 と。。。

しかしその場所は自分の中で何故か忘れられない場所として脳みそのどこかに保管されていた。

そして、2年の長い期間を経て今年、

毎回毎回繰り返される退屈になりかけてきた自分の釣りスタイルに反応してか
その忘れていた引き出しが開きかけた。

「二度と来ない」と思っていたその沢は僕の心を見透かしたように
「おい、その先が気にならないのか?」とノックし続けた。。。
そしてついに行く機会が訪れた、

同行者Tさん「Janさん、今年の遠征どうしよう?どっかとっておきのところ行こーよ」
同行者Nさん「Janさん、絶対に誰も行かないようなとこがいーすね」
Jan「えっマジ?あそこいく?たどり着けるかわからないけど」

と言う事で
2016/8月 お盆遠征

oo (19)

前回とは違い十分な下調べをしたが新しい情報は皆無、
殆ど前回と変わらない情報量で挑むことに。

oo (18)

前回と変わらないルート、
ほとんど変わらない崩壊具合

oo (17)

そうそう、今回はお盆の遠征と言う事で今年も前回お盆と同じメンバーです。
因みに、↑の中央左上にある黒い点が今回の同行者の一人である。
落ちたら一巻の終わりであるがいちいちアンザイレンしてたら間に合わないのでそのまま(命より間に合う事優先)

oo (15)

たまに平らな道ですがほとんど崩落しています。

oo (14)

飲み水に困ることは無いくらいこんな感じの滝やら岩清水がところどころで噴出してました。

oo (12)

この写真↑の中央右に人のようなのが写っている、
よく見ないとわからない。

落ちたらかなりの確率で大事になるのでしっかりとしがみついている。


しかし、ゆっくり行けば良いかというとそうでも無い、
もろい岩が多く上からも岩が降ってくるからだ。


oo (13)

そう言えば今回の行きの道中に印象的な出来事が訪れる。

車止めの先に原付バイクが2台止まっていた。
モンキーみたいのだったと思うが、
その方々とちょうど前回(2年前)に私が引き返したエリアでばったりお会いした。

驚いたのはその年齢、60代前半から中間くらいの(失礼ながら)おじいちゃん2人。

しかも、そのお二人、今年は既にココに3回目だという。
驚いた。。
オレは2年前にここはもう無理だと思っていた場所に、しかも3回目とは、無論知ってて突っ込んでるのだから。

はたして自分は後20年後にここに来ることはできるのか?

今考えたらお二人と記念写真でも撮っていただくべきだった。

oo (8)

結局、その後も崩壊の為、歩はなかなか進まず
前回、心折れて釣りした支流の橋の上で(平らなので)一泊して次の日も早く出て
2日目の陽が傾いてきたころにやっと目的の沢にたどり着いた。

たどり着くのが暗くなることはあったが二日掛けて更に日が傾くまでかかる遠征は初めてだったので感無量でした。


oo (1)

次の日は目的の沢を3人で交代して釣って昼頃に巻けそうにない滝に出くわして
戻って本流を釣ったりして楽しんだ。

岩魚とアマゴの混生でした、私はヤマト岩魚は釣れなかったが
同行者がきれいなヤマトを釣り上げていた。

oo (2)

何処にでもありがちな朽ちた吊り橋の向こうが登山口、

やっとたどり着いた訳だが、ココに来るまでとにかく長かった、

はたしていつの日か、もう一度ココに来ることはあるのだろうか?

と、あのおじいちゃんたちを思いながら帰路につきました。

oo (4)


oo (5)

oo (10)

oo (11)

oo (6)



さて、今日は大晦日、
来年の抱負
まだ見ぬ渓に向けて新しいドキドキを再認識しようと思う、

良い年を!


スポンサーサイト
  1. 2016/12/31(土) 12:42:25|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

jan

Author:jan
単独釣行記になります
たまに雑記
フライ 山登り 沢

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

釣り (100)
散歩 (7)
バカンス (7)
雑 (57)
ツーリング (3)
沢 登山 (0)
山+釣り (29)
山 (51)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。