とりあえず釣りって事で。。

それって楽しいの・・・って聞かれますが 別に  単独ですから。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一年ぶりの厳冬期登山

行ってきました一年ぶりの厳冬期の雪山

過去にも(去年秋)お邪魔している
権現岳です

朝4時に起きるも5時まで布団から出れずに
高速の夜間割引ギリギリの6時前に調布インターに滑り込む

途中大月インターで強制的に一般道に排出されて
勝又で再度取り込まれる



123 (1)

その後、7時過ぎているので境川PAで無理やり桜モツ定食ご飯大盛りを胃袋に流し込み

そしていよいよ韮崎を通過する頃に目的の八ヶ岳が姿を現すww

123.jpg

前置きが長いな。。。

123 (2)

晴れている、気温はふもとで-3度から-1度位
風なし

何処の登山口からって?

天女山登山口と言う何ともエロい登山口に到着したのは朝の9時過ぎ


123 (3)

外気温マイナスのはずだが
登り始めてすぐに汗ばんでくる(いつもの事だけど)

123 (4)

天女山手前の東屋に付く頃には厚くて
ドライシャツ1枚まで薄着になったww


123 (6)

前三ツ頭が見えてくる

123 (5)

南アルプス側はドピーカンの様だ

123 (7)

この登山ルートは平面距離が短い分
斜面がキツイ

123 (8)

最初緩いけどだんだんきつくなる


123 (9)

久々の登山に身体が順応しきれないまま
高度だけは少しづつ上げていく
さすがに気温よりも風が強くなってくるので
たまらず服を重ねる


123 (10)

2200m位だろうか。。
眺めのいいところに出た

123 (11)

三ツ頭を過ぎて鞍部で赤岳を望みながらウイスキーをちびる

123 (13)

ここの樹林帯を超えると森林限界
風が強い
まーここら辺までくればいつもの事なのでしょうけど

123 (12)
123 (14)

たしかここらでゴーグル装着

123 (15)

強風で雪はほとんど飛ばされてアイスとのミックスなのでアイゼンが良く効く
トレースはしっかりとしているので心配なさそう

123 (17)

だんだん山頂を意識できるくらいの距離になってくる

いつの間にか黒い雲が蓼科側から急速に発達してくる

今更だし見なかった事にして

123 (16)

程なく到着

風が相当強い

123 (18)

この状況でビバーク的なのは初めてなので緊張する


123 (19)

ビバーク地点から裏側がこの景色
(直接は見えないけどね)

123 (20)

山頂小屋の軒先を貸してもらいテントを張る

雪のたまりを見て風裏との境目を見計らう


123 (21)

テントを張るのに30分(圧雪その他含む)
風速20m位の風がびゅんびゅん吹いている
体感温度マイナス30度くらいですね。。。

テキパキやらないと本能的に身体が黄色信号を点滅し始める
それを脳味噌が後追いで判断してどうするかを考える
経験のあまり無い私にはこの状況はギリギリの
ボーダーラインだったと今判断できる。

夕方5時過ぎにテントの中に滑り込む
これから長い夜を過ごす事になる、

ほんの1-2分でしたが完全装備で挑んだトイレ2回wwキツカッタ

9時と0時と朝3時に起きて
外の雪掻き、テント内に戻って入り込んだ雪を
ある程度タオルで排出、雪靴もテント内に入れて凍らないように処理

そんな細かな事よりも
時よりもの凄い風圧の風が数十秒吹き続ける
この時にポールが折れないか?生地が裂けないか?
なるべく内外圧を合わせる為にテント内壁に手を添えたりしたww
心配でしょうがなかったがAM3時を回ると眠気が優勢になってくる

4時頃にはホボ風が納まってきた気がする
いや、ただ単に寝て頂けかもしれない。。。

そして6時半過ぎに目が覚める
そこは数時間前の地獄から天国に変わっていた(泣)






123 (24)

朝焼けに染まる編笠山(多分)

123 (23)

初めて見た朝焼けの雪山
しかも赤岳~阿弥陀~横~硫黄まで丸見え

123 (25)

権現岳も綺麗ww

風は未だ強いけど天気がいいのでテンションが上がる


123 (27)

テン場はこんな感じ
良く頑張った!!

123 (26)

しかし気温が半端ない
カメラの為に素手でしたがチクチクしてましたわ


123 (28)

たまらずテントに潜り込む

早速朝食、韓国の辛いスープ+トッポギ
温まるww


123 (29)

1時間程かけて撤収の準備

そして、外に出る
先程より風が強い


123 (30)
123 (31)
123 (33)
123 (32)
123 (34)
123 (35)

30分程ウロウロして下山開始


123 (37)


123 (36)

そして樹林帯に入る手前で振り向くと
既にガスが立ち込めてきているww

123 (39)

ヤバイヤバイww

もしかしたらヤバかったかな??


123 (40)

樹林帯に入ると雪が降ってくる

特に山頂側の風が強いのが下から見てもよくわかる

おおー怖ww
123 (41)

それから4時間くらいかけて雪の中を
快適に下山しましたわ


123 (42)


やっぱり雪山は楽しくて怖くてまた行きたくなったww

一部、過剰な表現をしている部分と
もっと過剰に注意しなければならない点が
混在していた事に反省しております。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/27(木) 19:32:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:8

韓国出張

釣りの日記でも

と思ったけど

思い出すのは5Xに10番のアントをぶら下げて
水面をバシバシ叩きながら吊り上がるいつものスタイル。。。

しかし窓の外は凍えるような木枯らしが吹きすさぶ真冬。。。

こんなに寒い日はあったかーい鍋でも食べたいなーと
と思ってたらこんな画像が出てきたので取り敢えず韓国です


今回はお客さんも一緒だから淡白です


1111111 (1)

今回は土曜日出発で月曜に帰国のパターンです

1111111 (2)

はい、到着早々ですがカンナムエリアのホテルからほど近い焼肉屋さんで
思いっきり食べます


1111111 (3)

次の日、
南の方に移動して
メーカーさんと工場を見学しながら1時間程度お話。。

その後これまた近所の宮廷料理屋さんで会食



1111111 (5)

焼き肉は出てきませんが

1111111 (6)

キムチや焼き魚、ケジャンなどなど
淡白な料理が沢山出てきます

1111111 (7)

焼き肉や辛い料理が出てこないので


1111111 (9)

若干残念ですが。。。






それでもって

1111111 (10)


なのでソウルに帰ってから
シャワー浴びてカムジャタンのお店に直行

手前がカムジャタン奥がブデチゲ


1111111 (11)

ブデチゲ、グツグツ煮込んでおいしいですね~

良くいくお店なので安心して頼めます~


1111111 (12)

飲み物はビールとチャミスル


1111111 (13)
1111111 (14)
1111111 (15)
1111111 (16)
1111111 (18)


いやいや、オジヤもしっかり食べて
次の日帰国しましたとさ

早く春よ来い
  1. 2012/12/03(月) 19:13:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

プロフィール

jan

Author:jan
単独釣行記になります
たまに雑記
フライ 山登り 沢

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

釣り (100)
散歩 (7)
バカンス (7)
雑 (57)
ツーリング (3)
沢 登山 (0)
山+釣り (29)
山 (51)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。