とりあえず釣りって事で。。

それって楽しいの・・・って聞かれますが 別に  単独ですから。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

遠いようで近いようでやはり南ア

5月の釣行


0000001 (0)

南ア


0000001 (0.1)


2人で釣行

理由
奥が深そう
初めて行くところ
先週のGWの(エリア的な)リベンジ



0000001 (1)

1時間ほど尾根を歩く
その登ったり急下降をしたりして



0000001 (2)


途中の看板で400mm*3本とか書いてあるけど
その向こう側の書き込みを見ると信憑性は0%だけどな

0000001 (3)

そんなこんなで沢に降り立つ


0000001 (4)

相方「竿を出さないで1時間半か2時間沢を詰めてからじゃないと最奥まで行けないよね?」
自分「そうかもね、様子を見ながら行こうか」

0000001 (5)


なんて話していたのですがなんてことない。。。


0000001 (6)

1時間もかからずに我慢できないで竿を出す事に。。。



0000001 (7)

しかし素晴らしい渓相である

0000001 (9)

これで岩魚が掛かれば。。。


0000001 (10)


そう、魚族不在かと思わせるほど魚がいない


0000001 (11)


6時間当たりなし


0000001 (12)

本来なら、その前の時点で沢を変更するんですけどね。。。
ここまで来ちゃってるとなかなかそんなわけにもいかず

0000001 (13)

釣り開始からおよそ7時間くらいかな、、
やっと掛かり始める

0000001 (14)

もしやと思い時間を逆算したんだけど
もしかするとココが入渓点から2時間のエリアなのかも。。。
恐るべし相方のヨミ!!



0000001 (15)



0000001 (16)
0000001 (17)

渓相はいいのだけれど
低水温だろうか?
今年のシーズン前半はこんな現象が多かったな。。。

0000001 (19)

その後も釣りを続けたけど
いまひとつ。。。


0000001 (20)

結局3匹だったかな

一番大きいキープサイズが最初に釣れていた

その他はリリースサイズ


0000001 (22)


ちょうどいいテン場はそこらへんにたくさんある

日が沈むと涼しいというよりかなり寒い

0000001 (23)

晩飯のオカズは下界から担ぎあげたウド3本
それと、先程むしり取った山椒の葉っぱ
行者ニンニクの醤油付けひと瓶

0000001 (24)
0000001 (25)

まだ明るいけど始める事にする

ウドを酒と行者ニンニク醤油で煮込む
最後に山椒も入れて佃煮状態になるまで煮込むとおいしいのだが

二人でちょいちょいツマミながら酒を飲んでいると
悔しいかな、ちょうど味が染みてくる頃に無くなる

0000001 (26)
0000001 (27)
0000001 (28)
0000001 (29)
0000001 (30)
0000001 (31)
0000001 (32)
0000001 (33)
0000001 (34)
0000001 (35)
0000001 (36)
0000001 (37)
0000001 (38)
スポンサーサイト
  1. 2012/10/26(金) 17:58:21|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

夏の釣りPart2

禁漁期を迎えた釣り人の何と暇な事か。。。

フライでも巻こうと思ったが、ついこないだまで10♯のテレストリアルだったのに
半年後に解禁で投げるフライは20♯そこそこのミッジだとターゲットがイメージできない

海の釣りでもするか?
しかし、そんなに直ぐに思考トレースできない

する事無いし、しょうがないから手当たり次第に日記をアップしてみる


はい、8月初旬の様です


DSC07645.jpg


関東北部であれば聞いた事のあるか無いか。。

という程度のマイナー支流の更に上流のそれはそれは真夏でも驚くほど水の冷たい

藪の深いヤマメが主の枝沢である。。。


DSC07650.jpg

車で凸凹道を数キロ進んだ先に突然大きな石が通せんぼをしている


DSC07651.jpg

そこから沢に降りるのに30分


DSC07652.jpg

上流にトレースして降りれば大きな滝の上に出れるけど
滝下に降りても巻道もある程度ついてるからプールで大物を狙う事も考えるけど
やはりその上に出てみたり


DSC07656.jpg

標高の高くない源流域特有のねっとりとした空気

DSC07668.jpg

沢で濡れているのか汗でぬれているのかわからないほど暑い
とは言え沢の冷たさで相殺されるそんな感じ(←わかんねーョ)


DSC07670.jpg

しかし、そんな時ほどよく釣れる気がする

DSC07671.jpg

思いだすと今年は良く釣れた
去年はツ抜けナウとか呟いてたりしたけど

DSC07672.jpg

今年はツ抜けは最初の数時間で達成する感じ


DSC07674.jpg

自慢するつもりはないけどね(ハイッ、ソコ!!してんじゃねーかコラ!!とか言わない)


DSC07675.jpg

地図を見るとカナリ奥深いけど
沢もそれなりに細いのでポイントがそんなに有るわけではない、
言ってみればポイントを拾っていくみたいな感じ

DSC07676.jpg
DSC07677.jpg

今日も日帰りですので装備はこれだけ

DSC07678.jpg

おにぎり2つ
サンドイッチ1つ
水はたくさん飲むので今年からセイシェル投入
左の腰には熊鈴ダブル

DSC07680.jpg

手前にも奥にも枝がかぶさっている
コンなポイントは餌もテンカラからも
敬遠される竿抜けポイント

DSC07681.jpg

そんなポイントにロールキャストでフライをねじ込む

DSC07683.jpg

ポイントも広くないから
ヤマメがどこにいるかわかっている
投げて1秒で勝負が決まる世界

DSC07685.jpg

最後に釣れたのは2段の滝の上
魚止かと思って滝上ったその先にもヤマメは生息しているようだ

DSC07687.jpg

それが確認できただけでも今日の成果だ
この川は来年増水した時にでも来ようと思った

DSC07688.jpg

その時はこのチビも
8寸くらいにはなっているだろう

DSC07690.jpg

↑なんてきれいな石なんだろう。。。
↓いや、石が綺麗なのではなく石をとり囲む箱庭的なこの世界観

DSC07691.jpg
DSC07693.jpg
DSC07694.jpg

そんな感じだったかな。。。

また
  1. 2012/10/18(木) 16:54:15|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

夏の釣り(8月のある日)

8月の釣り

早いものでもう10月も半ばである

8月の写真の整理をしているのだが
ついこの間行った渓流のはずだけど
まるで去年の写真でも見ている様な気分になる
なぜか「懐かしい」

DSC07698.jpg

関東地方の北の方

DSC07705.jpg

ダムの上の方


DSC07703.jpg

何日も雨が降らないとこんな風にダムが干上がる

大雨が降るとこんな地形では無いのは言うまでも無い

DSC07700.jpg

バックウォーターをニンフで30分程度流し込んだけど
反応なし
想定内の為、いつも通りそのまま上流を詰める事にする

DSC07706.jpg


DSC07709.jpg

ヤマメの沢のようだ

DSC07714.jpg

バックウォーターのダルイ流れに落差が加わり始めるころから
フライに反応し始める、多分この頃は既に大きめのドライフライか
アントなどのテレストリアルに反応が良くなっているはず

DSC07719.jpg
DSC07720.jpg
DSC07721.jpg
DSC07726.jpg

沢を詰め上がる

DSC07729.jpg

だんだんサイズも上がってくる

DSC07735.jpg

顔つきも厳つくなってくる

DSC07737.jpg


DSC07738.jpg
DSC07744.jpg
DSC07749.jpg
DSC07750.jpg

お昼を過ぎて

DSC07758.jpg

そこそこ釣り上がると岩魚も交じってくる



DSC07767.jpg
DSC07769.jpg
DSC07774.jpg

綺麗な沢だ

DSC07775.jpg
DSC07776.jpg

来年もまた来よう

DSC07779.jpg

まだまだ上に続いてそうだし
シュラフ持って来よう

DSC07780.jpg
DSC07782.jpg
  1. 2012/10/16(火) 12:22:50|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今年の7月記録(北アルプス)

順番が逆になってしまったけど
記録の為にアップする



00001_20121009150838.jpg

今年、7月14日
梅雨明けていたかどうか?。。。そんな感じの季節

今回は数人での遠征

そして毎度の新宿西口12時集合


00001 (2)

高速のPAで1-2回の休憩をはさんで
目的地のゲートにAM5時頃に到着。。。

今までも何回か来ているんだけど
去年は凄い寒かった。。。今年はさほど寒くはない


00001 (4)


車止めで沢装備に準備して
いきなり高低差5~600mの尾根を越えることになる

一部登山道を拝借するがその行程のほとんどは破線以下+沢通し


00001 (10)

1/3は沢通し
途中で土砂降りの雨に打たれるメンバー



00001 (12)

2時間ほど沢を下りる
巻きや滝やらを降りる間も開きから岩魚が走る姿が目視できる

そして何でもないような感じで綴っているが
ここまで到着するのにおよそ6時間半くらいかかる

楽園に到着して神・降臨 かのように
奇跡的に晴れてくるww

今回の工程は3日間、
今回は関東&関西 第一回 源流変態毛鉤同人会の合同合宿と言う事になっている
(勝手に決めているだけだけど)

久々に釣りまくりたいところだけどどうなう事やらww


IMG_0494.jpg


初日、午前中ほとんど雨が降っており
源頭3000mから染み出た沢の流れは
驚くほど冷たい

00001 (14)

さっそく場所を決めて屋根の設営
今回は雨が多かったのでかなり役に立った


00001 (15)

そんなこんなをしているうちに晴れ間も見え隠れし始めて
各自大急ぎでで昼飯を済ませて上流下流支流枝沢に散らばり
岩魚釣りを楽しむ

00001 (18)

水温低めなのでかなりてこずるけど

ポイントを見極めると掛かりも良くなる


00001 (17)

うっとり

00001 (19)

源流岩魚


00001 (23)

釣れ過ぎない
釣り過ぎない

00001 (27)
00001 (30)

雨が降ったりやんだり

00001 (40)

タープから滴る水滴ww


IMG_0510.jpg

メンバーの釣りあげた尺

00001 (44)
00001 (47)

雨もだんだん上がってきて

00001 (48)

夕方にやっと雲が切れて晴れ間が広がる

00001 (49)

そして、宴会

00001 (50)

焚き火


00001 (51)

骨酒



00001 (56)


岩魚寿司


00001 (58)

内臓のガーリックバター炒め


00001 (59)

岩魚飯

IMG_0516.jpg

フライ談義

00001 (71)

刺身と鹿肉(蝦夷)漬け刺し

夜が更けていく

IMG_0509.jpg

そして朝

まるで死体袋。。。

00001 (84)

写真の枚数の関係で1日端折らせて頂きました

帰りの支度を終えて昼飯で冷麺と岩魚飯のおにぎりをお弁当で用意ww

IMG_0518.jpg

来たときとは別のルートでPNDさんチームとは時間をずらして下山



00001 (86)


結局途中で追いつかれてしまった

00001 (90)

しかし車に着いてみると
冷えたペプシと煙草を買ってきてくれていたww

00001 (96)

有りがたいありがたい

IMG_0526.jpg

  1. 2012/10/09(火) 15:42:57|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

jan

Author:jan
単独釣行記になります
たまに雑記
フライ 山登り 沢

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

釣り (100)
散歩 (7)
バカンス (7)
雑 (57)
ツーリング (3)
沢 登山 (0)
山+釣り (29)
山 (51)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。