とりあえず釣りって事で。。

それって楽しいの・・・って聞かれますが 別に  単独ですから。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雪中渓泊ハイク

0000 (1)

年度末やら決算やら下界にいろいろ引っかかる諸事情が多いと
なかなか金曜前泊で日曜夕方までどっぷりと山に浸かるのが難しい

いや、難しいと言うよりも、なんだろ。。
山どっぷり、になかなか思考をトレースできない


0000 (2)

それであれば敢えて無理して登っても楽しくないので
時間は一切気にしないで適当に行って適当に帰ってくる事にしました

夏にお邪魔している渓流の源頭部分に仕事道(登山道ではない)を使ってハイキング
ビバークは平らな地形で沢の音が聞こえるところの予定


0000 (3)

時間は昼過ぎ~

0000 (4)

やっぱり沢音を聞くと早く釣りしたいなーとか思ってしまいます

0000 (5)

途中に人間のトレースは取り付きの数100mのみで
途中からはイノシシとシカと狸かキツネのトレースしかなくて独りを満喫


0000 (6)
0000 (7)
0000 (8)

北斜面と南斜面で雪積もっているところと溶けているところがはっきり分かれているのが印象に残った
まー当たり前と言えば当たり前なんですが


0000 (9)

5時半頃に西の空が赤く染まってくる



そしてビバーク適地に到着


0000 (10)

いつもながら写真は全て失敗
どんな失敗かと言うとこんなのが数十枚。。。
(;´Д`)y━・~~~ 

0000 (11)

そして朝

0000 (12)

スノバスケとか全然要らなかったけど



寝たのはこんなところ

0000 (14)
0000 (16)
0000 (17)

そして、帰り道

今日は山頂には向かわない

ゆっくりと春を探しながら

沢を覗き込みながら

無意味に何回も立ち止まりながら
写真撮りながら下山しました
0000 (20)
0000 (22)
0000 (23)

途中出くわした日本カモシカちゃん

お互いにびっくりしたww

0000 (24)

下山して青梅のラーメン屋 福美さんでセットラーメン
かつおだしが効き過ぎな美味しいラーメン


0000 (27)

そして家に帰って毎年恒例ですが
去年のフライのリサイクルをしました
活躍してぼろぼろのフライ
活躍する機会の無いフライ
それらをBOXからとりだしてカッターでリサイクル

ほとんどがカディス系
しかもウィングはエアロドライ
最近はマーカーもつけない
サイズは14から10#

もっとバリエーション増やさないと
スポンサーサイト
  1. 2012/02/15(水) 12:43:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

暇つぶしにダブルハンドのキャス練w

週末は。。。

土曜の中途半端な時間に用事が入り
ふてくされていたら夜に呑みの誘いが入り
意外ときっちり呑んじゃって
日曜は甲武信にナイトハイクで挑もうと思ってたけど
朝になっても起きられなかったので
以前お取り寄せしたダブルハンドロッドの試振りとキャス練に行きました

前置き長いね。。。うん

000 001

場所はとある海

000 002

ほら穴に誰かが住んでそうな海

000 003

岩場が綺麗に配置されており


000 004


取り敢えずシュリンプフライ
その後赤のゾンカーで

ビュンビュン



000 005

びゅんびゅん


000 006

20分も投げると普段使われていない筋肉が不調を訴えるので

ご飯にする


000 009

こんな感じ



ここはめったに
周りに人が来ない


000 010

フライをブン廻すには最適!!
去年は椅子なんか持ってリール竿で楽しんだっけ

000 011

少し目を離すと野良猫(の割にはいい体格)がやってきて
餌をネコばばしそうになる、、のんびりww

000 012
000 013

午後もやったけど
3時半頃には腕が疲れてきたんで

000 014

お仕舞にした

釣果は無論なし

練習だから楽しくもないけど
ラインのホールする感覚がいまいちつかめなくて
スペイでは思うように投げられなかった

雪山と解禁が頭の中で
交錯するこの季節・・・・・


  1. 2012/02/09(木) 13:04:28|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ゆるゆる硫黄岳

金曜の午後の段階で週末のこのエリアはあまり宜しくないような呟きが数件見られる

確かに、、

中央高速の双葉を過ぎたあたりで右を見ると頭にキノコのごとく雲がかかっている

時すでに遅しの様な気がするが登山口に向かう、

向かう先は八ッの硫黄岳
エスケープとして本沢温泉

( ´_ゝ`)y━・~~~ えっ?何か??




0 (0.1)

山の天気図をみると山頂は登れないであろう確立90%以上なので
通常なら直線ルートで本沢を目指しますが
今回は本沢までのルートで少しでも登った感を得たいので
稲子湯からみどり池経由で山岳気分を若干味わうww




0 (0.2)


途中の建物の玄関に温度計がある
気になり覗いてみたんだけどビックリ!
-15°?!壊れている事にして先を急ぐ


0 (0.7)
0 (1.2)

若干青空も見えますが物凄く吹雪いているのが下からでもハッキリ分かる


0 (2.1)


その後 苦も無く本沢温泉に到着
夕方4時半頃



0 (4.4)

テントを張ったらすぐに暗くなり始める
相変わらずテント内写真は苦手である
フラッシュ出来ないからね。。。

夜の気温は多分-20°位だと
…_| ̄|○


「明日の予定は明日の朝考えればいいかな?」
「そーだね、どーせ山頂はガスに包まれているはずだしね」
「うんうん、朝から温泉でも入るか・・・(´◡`)」
「いいねいいね( ´ー`)」


0 (4.5)

7時位にぐずぐずと起きだして外を見る
なんか、なんか、凄く天気がいい  胸騒ぎ。。。



0 (5)

外に出て硫黄を仰ぎ見るww


ガーーーン
(;´Д`)y━・~~~ 


予想に反してピーカン雲なし


アワワアワワ・・・

0 (6)

慌てふためきながら
すぐに準備に取り掛かる

昨日のサムゲタンの残り汁を温めてオジヤにしながら
シュラフをたたみ昨日済ませておけばよかった道具をアタックザックに詰め直す



0 (8)


出撃 (`・ω・´)


する頃には何故かうっすらとガスが出始めている

0 (9)

ヤバい時間との勝負の様な気がしてきた

0 (7)

夏沢ヒュッテまで1時間きっちりかかってしまう
昨日も今日も何人か登っているのでトレースはしっかりしている

雲がかかり始めるが、まだ、間に合う。。


0 (10)

森林限界を超えて


0 (11)

突風の洗礼を受ける
ゴーグルを装着するけど問題発生

装着

すぐに曇る

フリースの軍手で拭き拭き

今度は氷になってレンズに貼りつく

今度は拭き拭き出来ない、爪でカリカリ落とすことになる

また凍る

指がモギれそうなくらい寒い
もう無理なので息ではーはーやって溶かす

ツララみたいにレンズに貼り付き見えなくなる


0 (12)



風強くても我慢できるけど
寒くても我慢できるけど
寂しくても我慢するけど

見えないのは危険

そしてガスが一面を覆い始める
山頂は間に合うのか??
イヤ、間に合ったとしても眺望はあるのか?

0 (13)


0 (15)


結局、ケルンの裏側で風よけながら
いろいろ騙し騙しやりすごしましたわww


急がねば!!
(;´Д`)y━・~~~ 


0 (16)


ハイ!山頂到着


0 (20)


赤岳方面もガスで覆われているが
何とか、、、うん、、、何とか見れたww




0 (21)

↓凄い風なんで飛んでる雪が横に流れてるww


0 (22)

なんかギリギリ間に合った感が満載!!
赤岳側から物凄く大きくて黒い雲がモクモクと立ち上がってきている!!

(;´Д`)y━・~~~ 


0 (23)
0 (25)
0 (26)

その後、ゴーグル外して森林限界まで駆け足で降りて
夏沢ヒュッテで一服。。。その間多分40分弱。。。
アワワ、、、アワワ・・・


0 (27)

後1時間早起きしていれば八ヶ岳丸ごと見えたのにな。。。
それと、ゴーグル的な問題は次回までに何らか解決していないといけないナ

今まで雲らなかったのは何故だろう。。。
まっいいや。。。


0 (28)


そんじゃ


0 (41)
  1. 2012/02/01(水) 09:47:05|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

jan

Author:jan
単独釣行記になります
たまに雑記
フライ 山登り 沢

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

釣り (100)
散歩 (7)
バカンス (7)
雑 (57)
ツーリング (3)
沢 登山 (0)
山+釣り (29)
山 (51)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。