とりあえず釣りって事で。。

それって楽しいの・・・って聞かれますが 別に  単独ですから。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

紅葉もいいもんだ。。。

とある週末

0000000 (1)



土日の用事が無いので
紅葉見にでも行ってみようかと
(ッと言うか別に毎週土日暇なんですけどね)


0000000.jpg



とは言え山オンリーは半年ぶり
今シーズン初のハイキングです

行きの半分は沢のせせらぎを聞きながら登ります


0000000 (2)


因みにこのルートも山と渓谷地図には破線にもなっていないのでご紹介は慎ませて頂きます


0000000 (3)

装備はヒップバッグにシュラフと簡単な過熱器具、助け紐
それに、簡易雨具と非常食とお酒とたばことアイパッド
それに、ビール、食料は昼飯はコンビニ弁当、夜は焚き火で煮込みうどん、朝は残りの出しでうどん御代り、昼は芯ラーメン
それと、念のため着替えのシャツと靴下、ツェルト、ポンチョ

良くヒップバッグに入ったネ


0000000 (4)

半分くらいは外付けだけどな。。。


0000000 (5)


舞茸もどき


そもそも家を出たのが9時過ぎでして
既にその時点から山登りをなめてるのかと言われそうだが
朝マズメもある訳でもないし、適当な沢沿いでビバークする予定なのでユルユルですw


0000000 (7)

天気はド快晴


0000000 (9)

標高1200m当たりで木々が色付き始める


0000000 (11)


さすがは破線以下  

途中で道がなくなるのはザラ

少し気を許すと

道はケモノ道になり

クマザサを掻き分け

最後にはなくなる

0000000 (12)

こんな事をしているとなかなか前に進めない

カメラもブレまくり


0000000 (13)

心折れそうになったので
チョロ沢の横にビバーク適地があったので
4時半で早いけど今日はここで鋭気を養う事に

12時半から登りだしておよそ4時間弱
行動時間としては恐ろしく少なすぎる

釣りするときなんて
朝3時半に車を出て夕方6時まで
明るい時間いっぱいまで釣り上がる事を考えれば

このなんと体たらくブリ

そして書き忘れてたけど今日の幕はゴロ寝ではなく
(ゴロ寝でも良いのだが)
ハンモック
( ´_ゝ`)y━・~~~

 





0000000 (14)

ハンモック

( ´ー`)

響きがいいではないか

そして、地面に寝るより暖かいのではないか?
と言う疑問を抱いていたがこれは自分的には正解でした
気温や風、湿度棟にも影響されるとは思うけど地面からの冷えが無い分暖かかった

とは言え、これからテント泊の回数のほとんどがハンモックになるのかと言えばそうでもなく
意外とちょうどいい離隔距離を持った木がない、写真では分かりにくいかもしれないけど
かなり適切な大きさの木がたくさん生えているがなかなかどうして見当たらないのだ、
この木とこの木で良いのではと思っても、下はゴツゴツの岩とか他にもかなりロケーションを選ぶと言う事だ

紐が切れたり寝像が悪くて落ちる可能性もあるし
焚き火や食事をしたりするのでハンモック周りも極力平らでなくてはならない

しかし400gという軽さはコレなかなか魅力的なので
ここぞと言うときは使えるかもしれない

0000000 (15)

はいはい

能書きはその辺にして焚き火して食事ですww

焚き火の周りに落ち葉が密集しておりますが
(この後しっかり周りの小枝も含めて処理したので付けくわえさせてもらいます)



0000000 (16)

初投入のスーパー鍋焼きうどん
これからの時期はコレ鉄板かもしれません
少し重いのがたまにキズですが
今回はアルミ缶持ってきちゃいましたが
鍋焼きうどんを食べ終わった後でもこの鍋が使えるし軽い



0000000 (17)


次回は是非ともコッヘル省略して来ようと思います


0000000 (18)

そして朝


0000000 (19)

6時半くらい

0000000 (20)

昨日ロストした道を途中まで戻り
適当なケモノ道伝いに沢に降りたところ


0000000 (23)

少し進んでまた道に出る

0000000 (25)


0000000 (26)

ここら辺からは道もしっかりしてきて
ぐんぐんと稜線に向けて高度を上げる






0000000 (27)


そして稜線に出る

気持ちの良い天気だ( ´ー`)


0000000 (30)


0000000 (31)
0000000 (32)
0000000 (33)

しばらく見晴らしの良いハイキングを楽しむ


0000000 (34)

そして昼飯

コレ見たら場所分かるネ

T-ARAのプリントされている辛ラーメンを戴く


0000000 (35)

さて帰るか。。


0000000 (36)

帰りは別のチョロ沢ルート


0000000 (37)
0000000 (39)
0000000 (40)



次第に水量も増えてくる

魚を釣りたくなる水量である

まーーまた来年だね


0000000 (42)
0000000 (43)
0000000 (47)
スポンサーサイト
  1. 2011/11/09(水) 14:35:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

プロフィール

jan

Author:jan
単独釣行記になります
たまに雑記
フライ 山登り 沢

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

釣り (100)
散歩 (7)
バカンス (7)
雑 (57)
ツーリング (3)
沢 登山 (0)
山+釣り (29)
山 (51)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。